上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク - スポンサーサイト
--.--.-- -- l スポンサー広告 | top ▲
先の記事では槌田氏の訴訟について世間に CO2 増加自然起源説を認めさせるためにはあまり意味がない、槌田氏に欠けているのは戦略なのだと述べてきたのだが、それでは今後槌田氏が世間に彼の説を認めさせるためにはどうすればよいかを考えてみたのだ。

私は以前の記事(これこれこれ)で槌田氏の論文が受理されるための作戦を考えてきたのだが、それはあくまで作戦であって戦略ではないのである。そして、先の記事で書いたことの中には、一本の論文が受理されてもたいしたことがない、というようなことを述べていたのだが、それでは論文が受理されようが関係なく、もはや人為起源 CO2 温暖化説は揺るがない、という槌田氏側にとって悲観的な結論を私が唱えているように聞こえるかも知れない。

しかしながらそうではなく、何事も継続が大事であって、もし論文が一本受理されたとしたら、せっかく気象学会という壁に穿った一つの穴なのだから、それをぐりぐりと広げていく必要があると言いたいのである。
そして、槌田氏側の戦略の中でもっとも重要なのはいかに物量の差をひっくり返すかということであって、物量の差とは、つまり研究員の質と数の差ということであり、ということで、ということは、大事なのはどうやって研究者の仲間を増やすか、である。

二つの方法があると思われるのであって、それは気象学会の内部に入り込んで同志を増やしていく方法と、気象学会の外部で同志を募って行く方法である。それぞれについて考えてみよう。

1. 気象学会内部で同志を増やす方法について

気象学会内部には当然たくさんの気候学者、および、気象学者の卵がいるのであって、その人たちを仲間につけるのが一番早いのである。私が考えるにこの道は王道なのであって、槌田氏にとって、ちょっとつまらなくはあるが、ベストの策だ。

とはいえ、彼らは、現在人為起源 CO2 による温暖化説を信じているのであって、槌田氏にすぐに協力してくれるわけないのであって、それどころか耳さえ傾けてくれないのは今回の天気掲載拒否でわかったとおりであるが、しかしながら、全く不可能ではないと思うのであって、それをこれから述べるのである。

何より重要なのは、継続して大声で主張し続けることであるが、ここで大声というのは本当に大声を出すことではなくて、学会で継続して発表しつつ、論文を書き続けることである。

まず論文であるが、とにかくできる限り多くの論文を、権威ある英文誌に書くことであって、天気では日本人しか読まないので意味がないのであるわけで、できたら Nature か Science であるが、紙と鉛筆での研究結果をある種の見栄えの良さを要求されるこれらの雑誌に載せるのは至難の業であるので、Journal of Climate、それでなければ Journal of Geophysical Research をねらいたいところで、そのほかに大気中の熱収支や槌田氏お得意のエントロピーを用いた議論をしたいなら Journal of Atomospheric Science もおすすめである。

また、海洋のことを論じたいのなら、どこで深海の水が湧昇しているかみたいな物理的なことなら Journal Physical Oceanography などもあり得るかも知れなくて、そのほかの結果ならたとえば Deep Sea Research みたいな選択肢もありそうで、生態系関係も専門誌は詳しくないのでここであげるのはやめておくが (知っている人は教えてください)、とにかく、その分野分野で一流と目される雑誌 (ここにあげた以外にも良い雑誌はいっぱいあります) に多数の論文を投稿することが大切なのである。

次に学会発表を継続的に行うことが大切で、これは一人ではなかなか迫力が出ないので槌田氏グループから数人の気象学会員を送り込んで学会ごとに発表を行う必要があって、半年ごとの発表を毎回新しいテーマでこなすのはかなり難しいのだけど、それでも論文投稿と違って査読がないので大丈夫なはずだ。

ではあるのだが、今回の槌田氏の発表みたいに、タイトルを「人為的CO2温暖化説を撤回し、科学者は社会に詫びる必要がある」としてしまう、みたいなことをやらかすと、科学の講演じゃない、という拒否の口実を与えてしまうし、それよりも困ることには、だれもまじめに耳を傾けてくれなくなることで、そこはまじめに科学的である、と認められるタイトルと予稿を用意して、みんなで発表を行うのである。

正直言って、いまの槌田氏グループの人ではすばらしい科学を用意し続けるのは難しそうだが、それでも、あの人たち、あんまりわかっていないけど、とにかくがんばっている、という印象を与えることができれば、展望が開けてくるはずだ。

そして、学会といえばちゃんと人の講演を聴いておくことが大切である。もちろん、基本的に査読のない学会発表であるから少々荒っぽい講演もあったりするが、それはご愛敬なのであって、とにかく、たくさんの話を聞いておけば、気象学会の研究者が全体としてどんなことを考えているかの傾向がつかめるわけで、そこからアイディアを拝借するも良し、学会会場でつっこむも良し(ただし、最初の二、三回は ROM っておいた方が良いと思う)なのだ。

さらに、学会にはほとんど必ず懇親会がセットになっており、人と仲良くなっておくことがことのほか大切で、そのためには自己紹介代わりの学会発表を行って、他人の講演を聴いて話のとっかかりを作るのである。

もっとも大切なのは懇親会かも知れない。

いろいろな人と交流を深めるのは実に楽しいわけだし、なによりうまくやれば本音が聞けて、何より大事なことは、飲みながらの会話の中で、相手の油断につけ込んで地球温暖化論へのつっこみどころを聞き出すことで、それは今後の作戦を練る上で大変重要なのだ。

なにより、専門家から聞き出した温暖化論の弱点は、部外者が思いつくものに比べたらずっとシリアスかつ科学的にもおもしろいものなので、その観点から論文を書けば、より鋭い批判なのにもかかわらず、今回の槌田氏論文よりもずっと受理されやすい上に、気象学会の研究者を敵に回さずにすんでしまうのである。

仲間も増えて、その上温暖化論に対して厳しい批判もできるようになる、なんて良い方法なのだろう、と私は思うのであるが、まあ、学会の存在意義を考えると、これは当然のことなのだ。

2. 気象学会の外部で同志を募る方法について

しかしながら、この方法は現在の敵、気象学会員の主流派と仲良くならざるを得ないのであって、そんな不道徳なことができるのか、日和見主義なことができるのか、と考える槌田さんの支持者や温暖化懐疑論者の方はたくさんいることだろう。

そこで別な方法をおすすめするのであって、それはこのブログで何度も何度も言っていることで予想がつくと思うが、他の温暖化懐疑論者と団結することであって、それも学会を組織することなのである。このメリットについては、以前こちらの記事で思うところのほとんどを述べたので参照していただきたい。

この記事で特筆しておくべきメリットは論文が通りやすくなることである。

気象学には確固たる学問体系があり、なおかつ独自の方法論を発展させていて、世界の気象系の学術誌ではそれにそって論文が審査されるのでり、以前の記事でそれに合わせた論文の書き方を述べてきた (とはいえあまり気象学特有の書き方はしてないけど) のである。

だからあまりにも斬新な論理を駆使する槌田氏の論文は受理が難しく、ところが新たな学会を立ち上げることによって、自分たちの価値観と方法論で論文を審査できるため、場合によっては槌田氏の現在の論文でさえも受理されるかも知れないのである。

さらに仲間を集めて温暖化懐疑論を大声で唱えれば、社会に対してもより強いインパクトを与えることは間違いなく、槌田氏対気象学会だった構図が、新たな学会対気象学会と変わるため、声の大きさで負けるようなこともなくなってくるのである。

詳しい事情を私はよく知らないのだが、槌田氏はかつて新しい学会の発起人の一人に名を連ねたことがあったようで、その学会というのは「エントロピー学会」だそうだ。槌田氏の肩書きの一つに熱物理学者というのがあるが、エントロピーというのは熱力学とよばれる物理学の分野の重要な概念であって、のみならず応用範囲が広く、科学者だけでなく非常に多くの知識人を魅了するものであり、私の知る限り、エントロピー学会はまともな学会である。

槌田氏はすでにこのエントロピー学会と決別したらしいのであるが、すくなくとも学会を作る発起人になったという実績はあるわけで、その経験を生かしてぜひとも温暖化懐疑論者を集めて新しい学会を作ってほしいのであった。

私はこの案を強く推薦するのであって、それは周りから見ていて絶対に楽しいからであって、この学会で統一して温暖化懐疑論を作成するときに、槌田氏や丸山茂徳氏をはじめ、あのきら星のごとく個性的な懐疑論者の面々がディスカッションしている状況を想像するだけで、なんだかワクワクしてくるのである。

そのディスカッションの場を見てみたいものである。同意してくれる人も多いはずである。

見たいと言っても、もちろん怖いもの見たさである。できるだけ遠くから見たいものである。

さて、次回は今回のシリーズの最終回で、槌田氏が実際に取っている戦略だと私が思っているものを紹介する。

タグ 記事:槌田氏の裁判 はてなブックマーク - とほほ、提訴って (9) 槌田氏の取るべき戦略
2009.08.08 Sat l 懐疑論(研究者アホアホ系) l COM(6) TB(0) | top ▲

コメント

あなたは、○○○奏者 ですか?
 正直にお答えください。
あなたは、○○○奏者です。

 ○○○ に正直にカタカナをお入れください。
2009.08.09 Sun l 甲 UfbW62lA. URL l 編集
Re: あなたは、○○○奏者 ですか?
甲様

コメントありがとうございます。

>  正直にお答えください。
> あなたは、○○○奏者です。

私はリコーダー奏者です。
小学校の時、かなり上手でした。

でも、これって、なにか温暖化と関係があるのでしょうか?
それとも槌田さんの関係?
2009.08.09 Sun l onkimo -. URL l 編集
リコーダーじゃあかなり無理がありますね。
 ○の数は、三つですから。
回りくどいことは書かずに、ストレートに書きますね。だから、正直に答えてください。
あなたは
ピアノ奏者
とか
チェロ奏者
とかの
HN使った事がありますか?
2009.08.10 Mon l 甲 UfbW62lA. URL l 編集
Re: リコーダーじゃあかなり無理がありますね。
甲様

無理があるってどういうことですか?質問がよくわかりません。
人に答えさせておいてひどいと思います。

> あなたは
> ピアノ奏者
> とか
> チェロ奏者
> とかの
> HN使った事がありますか?

私はピアノもチェロも弾けませんし、その HN を使ったこともありません。
2009.08.11 Tue l onkimo -. URL l 編集
失礼いたしました。
 ここのブログと似たような主張、論調で
匿名性をいいことに上記のHNで、某掲示板に失礼なことを書いている方がいたので、あなたかと思って、上記のような質問をしました。
 あなたでなかったらお詫びいたします。
不快な思いをさせてすみません。できればこのコメントも含め、上のコメントの削除してください。
2009.08.11 Tue l 甲 SAV8FvZY. URL l 編集
Re: 失礼いたしました。
甲様

事情はある程度わかりました。

もし万が一、次にコメントされるときは、ブログの内容に関してのコメントでお願いします。

コメントの削除ですが、私が消したいときには言われなくても消します。「このブログについて」欄に書いているとおりです。
2009.08.11 Tue l onkimo -. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://onkimo.blog95.fc2.com/tb.php/69-3cc41a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。