上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク - スポンサーサイト
--.--.-- -- l スポンサー広告 | top ▲
槌田敦さんは、気象学会の学会誌「天気」に論文を書いて、掲載拒否にあっている。

僕は、「天気」の対応として、掲載拒否で良かったと思っている。槌田さんの持論は、あまりにも問題が多いからね。

最大の問題は、前の記事で延々と(奄々と?) 書いたとおり。槌田さんの持論は、温暖化懐疑論者に多くの犠牲者を出している。素人のブロガーさんから、地球物理の大学教授まで、彼の意見を採用すると、ヘンリーの法則に対する無理解をさらけだすはめになってしまう。

温暖化論者と闘う懐疑論者。そこに、槌田さんから新しい武器が提供された。ところが、それは実は自爆兵器だった、というような感じ。

そう考えて見ると、僕、onkimo は、気象学会が、「天気」に槌田さんの論文を掲載してくれたら、面白いと、ちょっとだけ思う。愉快犯的な観点からね。掲載によって、何人の懐疑論者があらたな犠牲者になるのか見てみたい。

でも、真面目に考えたら、やはり掲載拒否で正解だろう。だって、懐疑論者に恥をかかせるために気象学会が存在しているわけじゃないのだから。

ところで、槌田さんの論文を「天気」に載せるべきだ、と言っている人がいる。気象予報士の森田正光さんだ。

森田さんのことは、みなさんも、テレビでよくご存知だと思う。多分、日本で一番有名な気象予報士の一人だ。

森田さんは、「チーム森田の“天気で斬る!”」というブログを書かれており、気象のことについてかいせつしておられる。

森田さんの解説はわかりやすいと思う。普通の人の心に届きやすいと思う。温暖化研究者にも、おなじくらいのことができる人がいれば、こんなに懐疑論がはびこっていなかったかもしれない。

さて、このブログで、森田さんは槌田さんのことを扱っている。このページだ。

森田さんは、槌田氏は人為起源の温暖化論にはいまだ確定的といえるほどの証拠はないと主張している、しかし、IPCC は人為的温暖化論を認めているので、それを正統とする気象学会から異端とされたみたいだ、だけど、異論をただ排除するのは問題がある、「天気」誌上で活発な議論をしてもらいたい、と述べている。

森田さんには敬意を払いたいけれど、この意見には同意できない。さっきも述べた通り、槌田さんの論文は掲載されるべきではない。

このブログを読んだ人は、森田さんの意見を聞いてどう考えるのだろう。コメント欄は、とても楽しいことになっている。森田さんを支持して、槌田さんの論文は「玉稿」であるはずだから載せるべきだ、とする人もいれば、あんな論文は掲載拒否されて当然だ、という人も多い。

この件について、もう少し論じてみたいと思う。考える材料として、ことの経緯について書いてみよう。以下、槌田さんのお仲間が管理人をしている、「環境問題を考える」の中のページを参考にした。

まず、槌田さんの持論についての質問が、天気に投稿され、それに対する、河宮さんによる回答が掲載された。当然槌田さんの論を否定する内容。その回答に対して、槌田さんが反論を投稿。しかしながら、審査員はあまりにも問題が多いと思い、結局掲載拒否に。

ウェブでは、その審査員のコメントと、それに対する槌田さんからの反論も読める。この反論は、是非、一読していただきたい。槌田さんのお人柄がよくあらわれているからだ。

さて、反論を送っただけでは槌田さんはおさまらなかったようで、会員の声、のような、「天気」の中で査読が必要ないコーナーに意見を送ったらしい。僕は読んでいないからどんなのかはしらない。ただ、森田さんは、それを読んで自分のブログで取りあげた。

さて、僕自身は、審査結果は妥当だと思うし、審査員のコメントは、とても丁寧に書かれていると思う。僕自身が審査員だったら、槌田さんの論文を読んでも、何も書く気が起きないと思うからね。だから、審査員さんの苦労に敬意を表する。

でも、これはあくまで僕の意見。森田さんや、槌田さんの支持者には、審査員のコメントは納得できないものだろう。森田さんのような人が支持にまわったことを考えると、槌田さんの論文を掲載すべきだと思う気象学会員も、少なからずいるはずだ。

はたして、気象学会は、槌田さんの論文を掲載拒否してよかったのか?あまりにも非民主的ではないか?主流からはずれた説に対して、異端として拒否しているのではないか?

こんな問いかけにも、僕の意見は変わらない。槌田さんの論文は掲載拒否すべきだ。

もちろん僕だって、学会の運営は民主的であって欲しい。でも、科学は必ずしも民主的である必要は無い科学に関して言えば、一人の天才は、1 万人の凡人に勝るのだから。科学的に明白に劣ったものは、学問の分野では意味がない。

だから、科学的に十分な質に達していない、と「天気」の査読者や編集者にみなされた槌田さんの論文は、気象学会の雑誌には、少くとも査読を経た論文としては掲載されるべきではないんだ。その点で、天気の判断は正しい。というより、当然のことをしたまで。

さて、僕は「科学に関して言えば、一人の天才は、1 万人の凡人に勝る」と書いた。ここはポイントだ。この槌田さんにまつわる問題のややこしいところは、槌田さんが自分を「一人の天才」である、と考えているところだ。そして、また、槌田さんのことを、「一人の天才」であると、思っている人が多数いるみたいであること。

森田さんが、槌田さんをどう思っているかはわからない。ただ、「異端」なんていう言葉遣いをしているから、槌田さんが「一人の天才」だと考えている可能性が強いと思う。

「異端」っていうのは、妖しく、魅力的な言葉だ。

科学の歴史を知っている人間には、科学の発展は「異端」が「正統」を乗りこえることによってもたらされているように思える。「異端」ガリレオらの地動説による「正統」天動説の打破、「異端」ヴェサリウスによる「正統」ガレノスの解剖学の打破。だいぶ毛色が変わるかもしれないけれど、ボヤイ、ロバチェフスキ、リーマンなどによる「異端」非ユークリッド幾何学が「正統」ユークリッド幾何学を乗りこえ、アインシュタインの一般相対性理論につながるあたらしい地平を開いたこともここに記しても良いかもしれない。

科学の発展における「異端」の役割は無視できないことはたしかだ。劇的なエピソードになりやすい分、「異端」が果す役割が過大評価されているきらいがあるけれど。

さて、槌田さんが「異端」な「一人の天才」かどうかだけど、それは別に僕が説明してもどうなることでもないので、あえて議論しない。ここでは、槌田さんが「異端である一人の天才」である、という前提を置いてしまおう。その場合に、気象学会がどうするべきかを考えてみたい。また、その上で、社会がどうするべきか、も論じよう。

ここで論ずるべき問題は、こうなる。槌田さん、という「異端の天才」に、気象学会はいかに向き合っていくべきか?

僕の意見では、気象学会は頭の古い正統として、槌田さんのまえに傲然とたちはだかるべきだ。槌田さんのような「異端」の「天才」の論文は、断固掲載拒否すべき。

もちろん、全ての「異端」の「天才」に対して、同じようにするべきだとは言わない。「異端」の説を唱える人間は二つのタイプにわけられると思う。

地球温暖化問題に限って言うと、一つ目のタイプは、現在の気候学の枠組みを受け入れ、その中で反論するタイプ。方法論は現在の気候学と同じで、結論だけが「異端」であるもの。雲のことに関して地球温暖化論を批判している、アメリカのリンゼンがそうだろう。リンゼンについては、いつか論じたい。まあ、リンゼンを異端、と言うなんて、本当はおかしいのかもしれないれど。

もうひとつのタイプは、気候学の枠組みを否定し、その外側から批判を加えるタイプ。方法論も結論も「異端」であるもの。槌田さんはその典型だ。

この区別は、研究者ではない人にはわかりにくいかもしれない。だけど、研究者にとっては、一目瞭然。

見分ける目安のひとつをお教えしよう。それは、正統な気候学者と、気候学者の言葉でコミュニケーションを取れているか否かだ。槌田さんタイプの「異端の天才」が正統とコミュニケーションを取れていないのは、レフリーのコメントと、それに対する返答を見れば、わかってもらえると思う。槌田さんの言葉遣いに対するレフリーの指摘、それに対する槌田さんの反論に着目してほしい。

槌田さんタイプの「異端」の「天才」を、気象学会があえて受け入れる必要はないと思う。

理由のひとつは、現在の気象学会では、「天才」の説を消化しきれないからだ。

気象学会の目には、槌田さんの説は、凡百のろくでもない気象学勘違い論文と、クオリティの面において、区別がつかない。槌田さんの「天才」を理解できないのだ。だから、一度槌田さんの論文を掲載してしまうと、その他の困った論文をに対して、掲載拒否の判断をすることが困難になる。槌田さんの論文は載ったのに、この論文はなぜ、ということだ。

著者が「天才」であるにせよ「凡人」であるにせよ、この手の論文は、気象学会における学問の水準の向上に良い影響を与えない。まあ、ある種のケーススタディにはなりうるし、エンターテインメントとさえみなせるかもしれない。でも、それを「天気」や論文誌上に載せるべきじゃないし、論文を投稿する側としても、いろもの扱いは不満だろう。

なお、もうひとつタイプの「異端」、既存の学問の枠組みにのっとった異端とは、この点が違う。このタイプの批判は、結論が異端であるだけなので、気象学会としても消化できるのだ。結論がどれほど正統と異なっていても、このタイプの論文は是非とも載せるべきだと思う。

さて、今日はここまで。

次回の記事は、気象学会が掲載しないことでの、異端側のメリットについて見てみたい。そして、槌田さんの論文を社会がどのように扱うべきか考えよう。
タグ 記事:異端狩り はてなブックマーク - 異端狩り(1/2)
2008.10.15 Wed l 懐疑論(研究者アホアホ系) l COM(2) TB(0) | top ▲

コメント

二酸化炭素濃度は気温の後追いをしている
槌田先生のキーリングのグラフから、気温が上昇して、その後、二酸化炭素濃度が上昇しているという説は、グラフどおり見れば正しいでしょう。ただし、原因は、気温の上昇で、地上植生の土壌中での分解が促進され二酸化炭素放出量が増えたと考えるべきものです。
植生による二酸化炭素の吸収・排出の調査をシベリア、東アジア、東南アジアで行った筑波大学の及川先生の報告では、熱帯雨林が正味吸収する二酸化炭素量が、筑波の夏の田圃よりも低い結果を報告され、原因は、熱帯雨林では、高温多湿なため、植生の土壌分解による二酸化炭素放出が多いとの解釈でした。最近、南極氷床コアの研究が行われ、気温の上昇とともに、二酸化炭素、メタンの上昇が同じ様に起きていたと報告されています。これも、温暖化による土壌分解がかっぱっになり二酸化炭素、メタンの放出量が大きくなったと言うことの証拠と思います。キーリングは、二酸化炭素濃度の長期的な変動を除いたといっていますが、計算の結果表れたのは、人為的な二酸化炭素の増加でなく、自然環境由来の二酸化炭素増加と気温の関係を表すグラフだったわけです。二酸化炭素による温暖化を否定する資料とは思えません。
もしね槌田先生が、海からの二酸化炭素排出量を表していると主張されるなら、外洋で海水を汲んできて、自分の大学の実験室で、学生とともに、温度と大気中の二酸化炭素濃度、海水中の二酸化炭素濃度を測定し、そのデーターを追加し、再投稿すれば良いだけの話ではないでしょうか。自然科学の学会は、実験値、観測値があってこそオリジナルの報告と言えます。レビューで、新理論の展開は無理です。
2009.04.18 Sat l qqme9839 -. URL l 編集
Re: 二酸化炭素濃度は気温の後追いをしている
qqme9839さん、こちらの記事にもコメントありがとうございます。
及川先生の研究について教えていただき、勉強になりました。
おっしゃるとおり、槌田さんもぜひ自分で観測をしていただきたいものです。彼にはその過程でいろいろなことを学んで、もっとましな懐疑論を編み出してもらいたい。
でも、槌田さんにはそんな気合い無いだろうなぁ
2009.04.21 Tue l onkimo -. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://onkimo.blog95.fc2.com/tb.php/28-f023efe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。