上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク - スポンサーサイト
--.--.-- -- l スポンサー広告 | top ▲
3.11 以来、世の中は脱原発一色のように思えます。特に、ウェブから多くの情報を得ている私のような人間にとってはそう見えるのです。

しかし、実際には順調には進んでいないみたいです。

風知草:かすみ始めた「脱原発」-- 毎日jp(毎日新聞)

 「脱原発」がかすみ始めた。菅直人首相の退陣が秒読みに入り、原発の維持・推進に理解を示す後継候補が増殖している。



脱原発を宣言した菅総理。しかしながら、宣言にはなんの裏付けもありませんでした。海江田経産大臣からは「鴻毛より軽い」と言われるほど、軽やかな宣言でした。

不人気な総理の脱原発発言を受け継ぐのは難しそうです。それでなくても、原発問題は意見が分かれます。広く支持を集めないといけない民主党の総理候補には、脱原発の旗を高々と掲げるのは大変なことでしょう。
少なくともウェブを見る限りでは、世の趨勢は脱原発。あんなに派手に放射性物質がまき散らされたのだから、当然でしょう。

なのに、次の総理候補はだれも脱原発と言わない。野党も、大きな政党は脱原発を唱えない。

このまま反原発はゆっくりとしぼんでいって、元の木阿弥に戻ってしまいそう、そんな気がします。

原発?心配だね。放射能怖いよね。でも、まあ、安い電力のためには仕方ないか。CO2 も出さないみたいだし。

そう多くの日本人が思って原発と共存していた 3.11 以前。いずれはそこに戻ってしまうような気がするのです。

理由はいくつかあります。一つには反原発の側に当事者意識がなさそうだから。

反原発側の人が反省しているのはほとんど見つけられませんでした。ただただ、原発推進側を批判するばかり。

「私たちの力不足のせいで、原発を止められなかった。被災した福島の皆さんに、大変申し訳ない気持ちを感じている」

このような感情がにじみ出ている発言を反原発の側から聞けていない。今この日本に原子炉が 50 基以上あるこの現実を、自分たちの問題としてとらえ、悔いる気持ちを感じさせる発言が聞こえてこない。

聞こえてくるのはもっと騒がしい声ばかり。ほらみたことか、俺たちの言うとおりにしなかったからこんなことになるんだ、と。ICRP なんて原発利権集団だから信用ならねー、とか、東電の会長や原子力安全委員会の学者はみんな訴えてやるー、だとか、あいつは「御用」でこいつは「エア御用」、だとか、まあ言いたい放題。いえ、言えるときに言いたい放題やるのは必要なことではあるんですけどね。

ただ、軽いな、と。鴻毛より軽いとは思いませんが、重厚感、迫力がないな、と。

今、大声で批判を唱えている人たちは、いずれ、騒ぐことに飽きます。反原発側の数は減っていく。

一方で、原発を推進する勢力はそう簡単には減りません。彼らには、原発を推進するメリットがある。一時の気分ではない。自らの生活がかかっている。おいそれと原発をやめるわけにはいかない。

覚悟が違うのです。重さが違うのです。このままでは、いずれ勢力が逆転するでしょう。

逆転したその後も反原発の側に立って戦っている人たち、それは、今、自分たちの無力さを悔いている人たちでしょう。

そんな人たちはいるのか?いると思いますし、いてほしいですね。よりよい日本のために。たとえ脱原発が達成されなくても、真剣に原発と向き合うそんな人たちの存在は必要だと思います。

さて、温暖化ブログになんでこんな記事を書いているのかというと、原発問題は温暖化問題と似たところがあると感じたからです。温暖化を人類への脅威としてとらえ、その対策をとるように人類社会を説得してきた活動。それが、原発が人類への脅威であり、それを廃絶するために社会を説得していく反原発運動と似ていると思うのです。

ただ、違いもある。実績です。温暖化の方は、かなりの成果を上げています。CO2 を削減しようという政策があり、国が、多くの企業や地方自治体が、そして、多くの個人までもがそちらに向かって動いている。一方で、反原発は今のところそうではない。日本中に原発が存在する。事故がなければ政府は反原発の方を見向きもしなかったし、これからだってどうなるか怪しい。

類似はなにか、そして、結果の違いはなんなのか。それについて考えたいと思います。モデルのシリーズはお休みして。

この記事の最後に一つ書いておきます。

onkimo は原発に対する自らのスタンスを明らかにするつもりはありません。一つには、温暖化と原発が微妙な関係にあるから。スタンスを明らかにすることによって、温暖化の記事を色眼鏡で見られるのはいやだからです。もう一つは、スタンスが確固たるものではないから。今の原発に対する意見はちょっとしたことで変わってしまう可能性が大です。だから、私自身が原発をどうしたいと思っているかは、あらわには書きません。

もちろん、文章にはにじみ出るでしょうから、そこからお好きに読み取って頂ければいいと思います。一方で、これから書く記事は、私自身が反原発であっても原発推進であっても同じように感じることを書いていくつもりです。

反原発でなければ原発推進であり、すなわち敵だ、エア御用だ、自分の意見を隠すなんて信用ならん、ととらえるあなた。私の書くことなど無意味です。読まなくていい。私を批判するのも結構ですが、そんな必要もないでしょう。

そうではなくて、原発を人類の問題としてとらえ、この先人間が幸せに生きていく上での最適な解が脱原発であると思っている人、そして、これまでの反原発運動に悔いを残しているひとにこそ読んでほしい。

いえ、そんな本気の人にとっては私の書くことなどわかりきったくだらないことだとは思うのですけど、ね。
タグ 記事:反原発と温暖化論と はてなブックマーク - 反原発と温暖化論と (1) 鴻毛より軽い
2011.08.24 Wed l 温暖化論概論 l COM(0) TB(0) | top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://onkimo.blog95.fc2.com/tb.php/110-ecf3ee8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。