上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク - スポンサーサイト
--.--.-- -- l スポンサー広告 | top ▲
地球温暖化について、さまざまなひとがさまざまな意見を述べています。インターネット上で、テレビで、本や雑誌、新聞紙上で。温暖化が起きている、と言う人、そんなの嘘だと主張する人、まさに百花繚乱、といった様相を呈しています。

私もその中に加わりたくなりました。

私は温暖化研究の現場に近いところで仕事をしている者です。つまり、専門家…とは残念ながら言い難い。気象学や気候学を研究しているわけではないので。
でも、一般の人よりは温暖化のことがわかっているつもりです。

そんな私には、地球は温暖化しつつあるようにおもえます。

ところが、家でテレビを付けてみたり、インターネットを眺めたりしていると、実は温暖化なんて起こっていない、だまされてはいけない、などという意見が聞こえてきます。

本屋に行くと、地球温暖化論を糾弾する書籍が平積みされている光景をよく見ますし、そのなかの何冊かが書店のベストセラーリストの中に入っていることがある。
テレビでは、まあNHK では滅多にないですが、民放各局の番組では頻繁に「地球は温暖化していない」と声高に主張する「専門家」を目にします。
インターネット上でも、Google などで温暖化関係の単語を検索してみた際に、上位にこのような、温暖化否定の論説が表れます。感覚的には、温暖化賛成と反対がほぼ拮抗している。

温暖化を研究している科学者たちの多くは、地球温暖化が事実であると考えています。
科学者っぽくもう少し正確に、だけどうざったく言うと、「人為起源の温室効果ガスにより地球が温暖化している、という命題が真である可能性が非常に高い」と考えています。
日常会話のレベルでは、真である、と言い切ってもいいほどに。

確かに、温暖化研究に携わっている研究者のなかにも、温暖化は起きない、と主張しているひとがいないわけではありません。
そんな研究者たちは、もちろん尊敬できる人たちで、現在の温暖化理論を知り尽くした上で問題点を指摘しています。
彼らの反論は温暖化理論をより精緻なものにするのに役立ってきました。

しかしながら、彼らの数はごく少数です。わずかな研究者の存在をもって、「地球が温暖化している、ということは未だ確証されていない」「地球温暖化について、研究者の間で意見が割れている」と述べるのは、嘘ではないのですが、やや誤解を招く表現だと思います。

はじめに(2)に続く
はてなブックマーク - はじめに (1)
2008.07.27 Sun l はじめに l COM(0) TB(0) | top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://onkimo.blog95.fc2.com/tb.php/1-d01a596a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。