上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク - スポンサーサイト
--.--.-- -- l スポンサー広告 | top ▲
一連のモデルの紹介の最後は、すけすけモデルだ。うーん、セクシー。

スケスケとは何か。エビちゃんモデルはヌードモデルだった。…。近頃結婚した人の名前を使うのはまずかったか…。まあ、とにかく宇宙から地肌が丸見えだった。薄着モデルは薄いながらもきちんと服を着ていた。地上からの光は全て大気に吸収されるので、宇宙からは直接地肌を見ることはできない。

スケスケモデルはその中間。一部を吸収して、一部を宇宙に逃がすモデルを考える。地表の放つ赤外線が見えそうで見えないスケスケモデル。

大気が地上からの赤外線をどのくらい吸収するか、ここでは吸収率と呼ぶ。扱いやすいように、ギリシャ文字のα(アルファ)であらわしておこう。この吸収率、αをとりあえず 77 % としよう。もちろん、別な値でも良いので、後で変えてみよう。いろいろといじれるのがモデルの良いところ。
スポンサーサイト
タグ 記事:モデルとは はてなブックマーク - モデルとは何か (7) スケスケモデル
2010.07.06 Tue l 温暖化論概論 l COM(0) TB(0) | top ▲
いままでに、エビちゃんモデル薄着モデル厚着モデルスケスケモデルを紹介してきました。

紹介しただけでは何ですので、モデルさん達と遊べるようにしてみました。

はてなブックマーク - モデルとは何か (番外編) モデルと遊ぼう
2010.07.07 Wed l 温暖化論概論 l COM(0) TB(0) | top ▲
前の記事はこちら

これまで、いろいろなモデルを紹介してきた。ざっと見てみよう。

まず、最初に紹介したのは、エビちゃん。こちらは、太陽の熱を地球が赤外線としてそのまま宇宙に返した場合、地表の温度は何度になるか、を考えたモデルだ。地表の温度を考えるための、もっともシンプルなモデル。

これに、大気をかぶせたのが薄着モデル。大気が赤外線を出して地球を暖める際のエネルギーの流れを描いた、温室効果を考える上での最もシンプルなモデルだ。

そして、厚着モデル。温室効果ガスがどんどん増えて、赤外線の吸収、再放射が増えたらどうなるか、をクリアに説明する。温暖化した際に起きることの一面をくっきりと切り取ったモデルだ。

最後に、薄着モデルからすこし戻って、スケスケモデルを紹介した。大気が赤外線を一部宇宙に漏らしてしまう場合、何が起こるのかを示したモデルだ。これも、温暖化した際に起こることを映し出している。
タグ 記事:モデルとは はてなブックマーク - モデルとは何か (8) モデルについて心に留めておいてほしいいくつかのこと
2010.07.29 Thu l 温暖化論概論 l COM(9) TB(0) | top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。