上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク - スポンサーサイト
--.--.-- -- l スポンサー広告 | top ▲
前回の記事はこちら

窒素の原子の原子核、ナイトロジェン(=窒素)の原子核、陽子と中性子が七個ずつ、お互い手と手を取り合って、強い絆でつながれた、とても仲の良い家族、ナイトウ一家と申します。

ある日末っ子陽子が言った、一度宇宙が見てみたい、ナイトウ一家が暮らすのは、大気の底の海面近く、暖かいけど狭苦しい、この分子(ひと)ごみから離れたい、広い宇宙が見てみたい。

それでは見せてあげようと、一家を挙げての大移動、山のあなたの空遠く、いや、空のあなたの宇宙には、幸い住むと人のいう、ああわれ人と尋(と)め行(ゆ)きて、上へ上へと昇っていきます、地上の近くは対流圏、その上にあるは成層圏、オゾンの層のそのまた上へ、中間圏から熱圏と、空の高みへ向かうのだ、さあ、出発だ、ナイトウ一家は旅を始めました。
スポンサーサイト
タグ 記事:みんな大好きスベンスマルク はてなブックマーク - みんな大好きスベンスマルク (3) 宇宙線だよスベンスマルク (下)
2009.09.03 Thu l 懐疑論(研究者アホアホ系) l COM(0) TB(0) | top ▲
前回の記事はこちら

雲ってなんだ?

雲、雲、雲雲雲。空に白く浮かぶ雲。うっすらたなびく春の雲。高く立ち上る夏の雲。天高く浮かぶ秋の雲。寒空に雪をはらんだ冬の雲。

雲って何?考えてみよう。

雲が何からできている?雲は雲粒からできている。雲粒は、小さな小さな水の粒や、同じく小さな氷の粒。光を反射する雲粒が、見えているのが白い雲。黒い雲は分厚い雲。空の高くで雲粒が太陽の光を反射して、雲の底まで届かない。

雲って一体何してる?雲は雨を降らせてる。空気中の水蒸気、これを集めて雲粒に、雲粒を集めて雨粒に。大きくなった雨粒は地球に引かれて落ちてくる。とっても寒い冬の日は、凍って雪として落ちてくる。

そのほかに雲は何してる?光と関係している。
タグ 記事:みんな大好きスベンスマルク はてなブックマーク - みんな大好きスベンスマルク (4) 雲も大事だスベンスマルク (上)
2009.09.15 Tue l 懐疑論(研究者アホアホ系) l COM(0) TB(0) | top ▲
前回の記事はこちら

雲の核とエアロゾル

過飽和状態の水蒸気、抱えきれないはずの水蒸気、空気の中にあったとしても、凝結できないことがある。最初にできる水滴が小さすぎて、水滴の表面張力がじゃまをするはずだから。でも、空気中ではなぜか、低い過飽和度で水滴ができているみたい。

それはなぜかというならば、空気にうかぶ、ちりのせい。ちりは「エアロゾル」と呼ばれてる。

どうしてエアロゾルがあると凝結しやすいの?いろんなメカニズムがありまして、さくっと説明できません。ここでは一つだけ考えましょう。

押し入れの湿気取り

ご存じ押し入れの湿気取り、白い粉が入ってる。梅雨どきに押し入れに入れてみれば、いつのまにか粉が水になっている。こんなに湿気を吸ったのか、いつもびっくりいたします。

どうして白い粉が水を吸う?水ができた、ということは、凝結したと言うことだ。押し入れの中の水蒸気量は、飽和していないはずなのに。
タグ 記事:みんな大好きスベンスマルク はてなブックマーク - みんな大好きスベンスマルク (5) 雲も大事だスベンスマルク (下)
2009.09.23 Wed l 懐疑論(研究者アホアホ系) l COM(0) TB(0) | top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。