上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク - スポンサーサイト
--.--.-- -- l スポンサー広告 | top ▲
前回の記事はこちら

ということで、長らく見て参りました、スベンスマルク説。どうだったでしょうか?

さいごに、スベンスマルク説に対する考え、というか、感想を述べたいと思います。とはいえ、これは現時点の私の知識に基づくもので、将来変わる可能性がありますが。

スベンスマルク説に対する私の気持ち

スベンスマルク説は魅力的。でも、あまり見込みはないと思います。どうしてか。いろいろなことが思いつくのですが、ここでは一つだけ。

スベンスマルク説によると、雲の核になる物質は、硫酸エアロゾル以外にもあるわけです。たとえば、海塩核。海のしぶきが固まってできる核です。そのほかに、土ぼこりなども。
スポンサーサイト
タグ 記事:みんな大好きスベンスマルク はてなブックマーク - みんな大好きスベンスマルク (12) それでも大好きスベンスマルク
2009.12.18 Fri l 懐疑論(研究者アホアホ系) l COM(8) TB(0) | top ▲
前回の記事はこちら

スベンスマルク説の研究、CLOUD や SKY だけではありません。いろんな人が、いろんなことを考える。

フォーブッシュ減少

スベンスマルク説、宇宙線の強さが変わりゃ、雲のでき方も変わる、この説を検証するために、うってつけの現象があるのです。

太陽活動が盛んなときは、太陽表面でいろんなことが起きています。増える黒点が一番目立つ、でもそれだけではありません。たとえばコロナ質量放出。太陽の周りには、百万度にもなるコロナというガスが取り巻いています。太陽活動が弱いとき、コロナも弱く、強いときはコロナも強い。強いときに起こるのがコロナ質量放出です。普段は太陽にとらえられているこのコロナ、たまにぐしゅっと飛び出してくる、まるで太陽のくしゃみみたい。

くしゃみで飛んだ鼻水が、地球の方にもやってきます。その速さ、秒速 500 km!大きさも、地球軌道にとどく頃には地球の大きさの数百倍。その鼻水が地球を包む。
タグ 記事:みんな大好きスベンスマルク はてなブックマーク - みんな大好きスベンスマルク (11) 検証しましょう、スベンスマルク
2009.12.12 Sat l 懐疑論(研究者アホアホ系) l COM(0) TB(0) | top ▲
前回の記事はこちら

SKY 実験

CLOUD が待ちきれないスベンスマルク、コペンハーゲンの地下室で、自説を検証するための実験を始めました。

それについて詳しく書かれているのがこちらの論文です。正直言いますと、私、この論文がよくわかっていません。でも、最善を尽くしましょう。何が行われたかが知りたいだけならこちらがいいかもしれません。

スベンスマルクが作ったのは、7 立方メートルの空気室 (チャンバー)。このチャンバーの中に空気を入れ、さらに、水蒸気や二酸化硫黄、オゾンを入れておく。これに紫外線を当てると化学反応が起きて、硫酸が分子の形で現れる。

スベンスマルク説のポイントの一つは、空気中のイオンが硫酸の分子をまとめて、雲の核になれるような大きさの、硫酸の固まりでできたエアロゾルを作り出す、というところです。宇宙線が作り出したる空気中のイオン、地下室のチャンバーの中にも存在します。エネルギーの大きなミューオンは、空気を抜けて地面を突き抜け、チャンバー内の空気にぶつかって、イオンを作り出すのです。紫外線を当てたとき、発生するのは硫酸分子、これがイオンでまとめられ、エアロゾルが発生する。このエアロゾルを観測します。
タグ 記事:みんな大好きスベンスマルク はてなブックマーク - みんな大好きスベンスマルク (10) クラウドでスカイ、スベンスマルク(下)
2009.11.19 Thu l 懐疑論(研究者アホアホ系) l COM(3) TB(0) | top ▲
前回の記事はこちら

CLOUD と SKY

これまでに、述べてきましたスベンスマルクの説、語ってきたのはメカニズム、それと、観測事実だけでした。でも、観測だけじゃ心許ない、実験を通して確かなものにしてやろう、そんな動きがあるのです。

ここで取り上げるは二つの実験、一つはその名も CLOUD (クラウド )です。英語で雲と言う意味の、言葉を冠したこの実験、その舞台は欧州原子核研究機構、通称 CERN (セルン) です。

さらにもう一つの実験、その名は SKY (スカイ)、英語で空のことと思いきや、実はこいつはデンマーク語、なんでも雲のことらしい。その舞台はコペンハーゲン、スベンスマルクのお膝元。

さて、ここではこの二つの実験、ちょっと詳しく見ていきましょう。いえ、ちまたにあふれる言説で、スベンスマルク説が実験的に証明されたと言う人が少なからずいるのです。その人たちがベースにしているのがこれらの実験。実際どんなものなのか?

CLOUD の提案書

こちらをクリックしてください、 CLOUD のプロポーザルが出てきます、大きなファイルなので気をつけて。プロポーザルとは一体何か?日本語に訳すと提案書。CERN に、こんな実験がしたいんですけど、と提出された提案書です。
タグ 記事:みんな大好きスベンスマルク はてなブックマーク - みんな大好きスベンスマルク (9) クラウドでスカイ、スベンスマルク(上)
2009.11.08 Sun l 懐疑論(研究者アホアホ系) l COM(0) TB(0) | top ▲
前回の記事はこちら

さてさて、スベンスマルクについていろいろと述べて参りました。ふざけて書いてきましたので、ちょっと説明したりない。これから少しずつ挽回していきましょう。

この後は、スベンスマルクにまつわるいろいろなことを述べていきます。スベンスマルク説のより詳しい説明や、彼のやった、もしくは計画している実験、私がスベンスマルク説に対して抱いている疑問や思い、などなどです。

はじめにスベンスマルク説について、もう一度説明しておきましょう。

スベンスマルク説

そもそもスベンスマルク説とは何か、私にはよくわかりません。ただ、これまで読んできた私には、銀河宇宙線の量と地球の気候との関係を表したものとしてとらえるのが良さそうに思えます。Wikipedia もこの方向で書かれています。

超新星の残骸が生み出す、銀河系中に満ちている高エネルギーの粒子、それが銀河宇宙線です。銀河宇宙線が地球に降り注ぐと、大気の上層、数十キロメートルのところで大気の分子と衝突します。その結果、二次宇宙線が発生する。いろんな粒子が二次宇宙線として生み出されるのですが、そのうちのミューオンが地上に降り注ぎ、大気の分子と相互作用して、電子を生み出します。
タグ 記事:みんな大好きスベンスマルク はてなブックマーク - みんな大好きスベンスマルク (8) ホントに知ってる?スベンスマルク
2009.10.27 Tue l 懐疑論(研究者アホアホ系) l COM(5) TB(0) | top ▲
前回の記事はこちら

先の記事では昔のデータ、検討すれば、たくさんの、スベンスマルク説を支持する証拠が得られました。ただ、昔と言っても百年程度、さらに昔にさかのぼりゃ、もっと出てくるいろんな証拠、何億年もの地球史で、宇宙線と気候が絡んでいた、そんなお話をいたしましょう。

銀河の腕と太陽

過去五億年を調べてみますと、氷が無くなった時代、氷に覆われた時代、これらが何度か繰り返し、現れたようでございます。今のところはこれらの時代、温室効果で説明がつくと思われておりますが、どうも時代が合いません。そこで、スベンスマルクは言うのです、宇宙線で説明できると。

天文学者の言うことにゃ、銀河の周りを巡る太陽、銀河の"腕"に出たり入ったり。銀河の腕とは何かといえば、若い星々の集まるところ、我らの銀河におきまして、これらの腕が何本も、渦状に中心部から伸びてます。腕の中の星々は、かつ消え、かつ結びて、久しくとゞまりたるためしはありません (天文学的なスケールの話で、人間からすると久しいですが) 。大きな星が死ぬたびに、超新星が爆発します。つまり、腕の中にはたくさんの、宇宙線が充満してるのです。
タグ 記事:みんな大好きスベンスマルク はてなブックマーク - みんな大好きスベンスマルク (7) 何を言ったかスベンスマルク (下)
2009.10.20 Tue l 懐疑論(研究者アホアホ系) l COM(0) TB(0) | top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。