上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク - スポンサーサイト
--.--.-- -- l スポンサー広告 | top ▲
懐疑論者一覧表はこちら

はじめに

「幸福な家庭はすべて互いに似かよったものであり、不幸な家庭はどこもその不幸のおもむきが異なっているものである」

トルストイの小説、アンナ・カレーニナの冒頭の言葉である。

今回、懐疑論者を論じながら、

「人為起源 CO2 による温暖化を唱える者ははすべて互いに似かよったものであり、それに懐疑論を唱える者はだれもそのおもむきが異なっているものである」

と感じた。

温暖化論者は基本的に同じことを唱えている。少なくとも科学的な観点においては、IPCC の言うことと大した違いはない。それに比して、懐疑論者たちの唱える論は多様である。それだけではない。メディアを通じて伝わる温暖化論者達は総じて没個性的であるのに対し、懐疑論者達はそれぞれの著作物において強烈な個性を発揮している。

トルストイの言葉はさらに敷衍できそうだ。幸福な家庭を描いて小説をおもしろくするのが難しいように、すでに広く受け入れられている温暖化論を語って人の心をつかむのは難しい。一方で、それぞれにおもむきがある不幸な家庭と同様、多様で個性的な懐疑論は多くの読者に歓迎される。
スポンサーサイト
タグ 記事:一周年特別企画 はてなブックマーク - 一周年記念特別企画・地球温暖化懐疑論者列伝 (7) まとめ
2010.03.04 Thu l 温暖化懐疑論概論 l COM(6) TB(0) | top ▲
気象学会を訴え、「地球温暖化懐疑論批判」を訴えたことで話題を集めた槌田敦さんは *1、熱物理学、環境経済学がご専門です。

私の中では、2009 年の地球温暖化懐疑論の MVP は槌田さんです。2008 年末からの経済や政治、社会の激動の中で、2009 年の温暖化懐疑論は、クライメイトゲート事件などがあった年末を除き、盛り上がりに欠けていました。その中で唯一輝いていたのが、槌田さんの気象学会を相手取った提訴です*2

槌田さんは 1933 年のお生まれです*3。東京大学大学院理学部物理学専攻で助手になられ、学位を得た後、理化学研究所で研究をなさっています。その後、名城大学に転じられ、現在は高千穂商科大学で講師をなさっています。
タグ 記事:一周年特別企画 はてなブックマーク - 一周年記念特別企画・地球温暖化懐疑論者列伝 (6) 槌田敦さん
2010.02.27 Sat l 温暖化懐疑論概論 l COM(24) TB(0) | top ▲
温暖化を唱える研究者や官僚には誠実さが欠けているとの批判を繰り広げている武田邦彦さんは、材料工学の研究者です。

武田さんは 1943 年のお生まれです。東京大学工学部を卒業後、旭化成に就職されましたが、再度アカデミックなポストに戻られます。東京大学で学位を取られ、芝浦工大を経て名古屋大学の教授をされました。現在は中部大学の教授をなさっています *1。難燃材の研究で有名で *2、そのほか受賞歴も多数あり、また、政府委員を歴任されるなど、多方面で活躍なさっています。

武田さんの温暖化懐疑論者としての名前を一躍有名にしたのは、著書「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」*3でしょう。出版後、関西で有名な「たかじんのそこまでやって委員会」などで紹介されて人気に火がつき、理学書の中でしばらくベストセラーリストに載っていました。
タグ 記事:一周年特別企画 はてなブックマーク - 一周年記念特別企画・地球温暖化懐疑論者列伝 (5) 武田邦彦さん
2010.02.14 Sun l 温暖化懐疑論概論 l COM(8) TB(1) | top ▲
多彩な論点で地球温暖化論に懐疑を唱えている伊藤公紀さんは、環境評価、環境計測がご専門です。

伊藤さんは 1950 年のお生まれです。横浜国立大学の工学部を卒業後、東京大学工学部で学位を取得され、その後、東京大学助手、講師を務め、現在は横浜国立大学大学院環境情報研究院で教授をなさっておられます。専門は物理化学、環境計測科学で、その知識を生かして環境省関係の審議会の委員を経験されるなど、多方面で活躍しておられます *1

温暖化懐疑論者の中における際だった特徴は、その IPCC への関わりです。伊藤さんは IPCC において査読を担当されています *2。ですので、IPCC の内部事情や弱点を詳しくご存知です。
タグ 記事:一周年特別企画 はてなブックマーク - 一周年記念特別企画・地球温暖化懐疑論者列伝 (4) 伊藤公紀さん
2010.02.04 Thu l 温暖化懐疑論概論 l COM(6) TB(0) | top ▲
二十世紀の温暖化の原因は自然変動であって人為起源の CO2 でない、と主張されている赤祖父俊一さんは、オーロラの研究で有名な地球物理学者です*1

赤祖父さんは 1930 年のお生まれです。東北大学を卒業された後、アラスカ大学に渡られました。著名な数学者にして地球物理学者である Sydney Chapman に師事し、1961 年にPh. D を取得されています。その後、1964 年からはアラスカ大学の教授を務められました。地球と宇宙の境目である電離圏の研究ですばらしい業績を上げています。学士院賞を受賞 *2 されるなど受賞歴も豊富で、大学者であることは衆目の一致するところです。
タグ 記事:一周年特別企画 はてなブックマーク - 一周年記念特別企画・地球温暖化懐疑論者列伝 (3) 赤祖父俊一さん
2010.01.27 Wed l 温暖化懐疑論概論 l COM(9) TB(0) | top ▲
地球の気候が太陽活動に影響されていると唱えていらっしゃる丸山茂徳さんは、東京工業大学の教授です。著名な地球物理学者であり、固体地球の研究をなさっています。

徳島大学を卒業後、金沢大学を経て、名古屋大学で博士号を取り、その後、スタンフォード大学、富山大学、東京大学を経て、現職に就かれました。御自身の研究分野では大変優れた研究成果をあげています。プリュームテクトニスク *1 というパラダイムを提示し、地殻とマントルの研究に大きなインパクトを与えました。
タグ 記事:一周年特別企画 はてなブックマーク - 一周年記念特別企画・地球温暖化懐疑論者列伝 (2) 丸山茂徳さん
2010.01.10 Sun l 温暖化懐疑論概論 l COM(4) TB(0) | top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。