上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク - スポンサーサイト
--.--.-- -- l スポンサー広告 | top ▲
これからモデルについて話そう。

地球温暖化の議論を見ていると、「モデル」ということばがよく出てくる。

たとえば、このページ。

気象研究所気候モデルによる地球温暖化のシミュレーション


気候変動のシミュレーションのために大気海洋結合モデルが開発された。このモデルにより、二酸化炭素が1985年における濃度を基準として、年率(複利)1%で増加したときの地球温暖化のシミュレーションを行った。70年後までのシミュレーションの結果を示す。



それとか、これ
スポンサーサイト
タグ 記事:モデルとは はてなブックマーク - モデルとは何か (1) はじめに: 私、モデルやってます
2010.05.08 Sat l 温暖化論概論 l COM(4) TB(0) | top ▲
前の記事はこちら

生きていく上で大切なこと

人間は世界を、そして自然をありのままにとらえられないし、とらえるべきでもない。

僕が何を言っているのか、ちょっと説明させてもらおう。

あなたが、どこかの繁華街、たとえば、新宿歌舞伎町みたいなところ歩いていたとしよう。ちょっと危ない街だけど、肉食系男子のあなたは勇んで出かけていく (男子じゃないあなた、すみません)。すると、そこにはとてもおいしそうな女性が手持ちぶさたそうに立っていた。当然、あなたは食いつく。平たく言えば、ナンパを試みるわけだ。

どこかに飯食いに行かない、おごるから、ということをとってもうまくプレゼンテーションしたあなたは、めでたくその女性の同意を得て、さて、じゃあ二人で、とおもったその時、後ろから声を掛けられた。
タグ 記事:モデルとは はてなブックマーク - モデルとは何か (2) 我々は世界をどのようにとらえるべきか
2010.05.24 Mon l 温暖化論概論 l COM(2) TB(0) | top ▲
前の記事はこちら

地球の温度

例として、何か簡単なモデルを作ってみよう。温暖化ブログなので、やっぱり地球の温度を計算するのがいいだろう。

どんなモデルを作るのか?地球の温度に影響を与えそうな要素を考えてみよう。

地球は宇宙に浮かんでいる。銀河系の端っこを回る太陽から、約 1 億 5000 万 km 離れて一年で軌道を一周している。正確には楕円軌道で、地球は一月に最も太陽に近い位置 (近日点) を通り、その半年後に最も遠い位置 (遠日点) にいる。衛星として月を従え、軌道の内側には金星が、外側には火星が回っている。
タグ 記事:モデルとは はてなブックマーク - モデルとは何か (3) 美しいモデル
2010.05.30 Sun l 温暖化論概論 l COM(0) TB(0) | top ▲
前の記事はこちら

エビちゃんに足りないもの

さて、先の記事ではエビちゃんというモデルを紹介した。太陽からの熱を赤外線として宇宙に返す、という、とてもシンプルなモデルだ。でも、赤外線の量から地球の温度を計算してやると、マイナス 18 ℃ぐらいになってしまう。

何がまずかったのか。

エビちゃんを作る時、いろいろ無視したことはあった。地球の軌道が楕円であることとか、地軸が傾いていることとか、昼と夜があることとか、いろいろ、ほんといろいろ。

でも、それをいっぺんにエビちゃんに付け加えても、決して良くならない。ぶくぶくと贅肉がついてしまって、醜いモデルができあがるだけだ。

そこで、エビちゃんをベースに、というより、エビちゃんで考えたことを基に、一つだけ付け加えてモデルを作ろうと思う。

でも、正確に言うと地表の気温を与えるというより、温室効果の説明をするモデルだね、これから作るのは。まあ、見ていてほしい。
タグ 記事:モデルとは はてなブックマーク - モデルとは何か (4) 薄着モデル
2010.06.10 Thu l 温暖化論概論 l COM(0) TB(0) | top ▲
前の記事はこちら

さて、薄着モデルは一枚しか大気の衣をまとっていなかった。もっと服を着せたらどうなるのだろう?

ということで、今日は厚着モデルを紹介しよう。

え、薄着モデルだってすでに地球の気温より高い値を出しているのにもっと服を着せてどうなるんだって?

まあ、おっしゃるとおり。でも、良いじゃないですか、見ていきましょう。

まあ、だいたいは薄着モデルと同じです。太陽からのエネルギーは太陽定数の 1/4,そのうち 30 % が宇宙に反射され、のこりが地表にとどく。
タグ 記事:モデルとは はてなブックマーク - モデルとは何か (5) 厚着モデル(上)
2010.06.22 Tue l 温暖化論概論 l COM(9) TB(0) | top ▲
前の記事はこちら

トンデモモデル?机上の空論?

「温暖化の気持ち」を書く気持ち (気持ち^2) の方に厚着モデルの数学を書いたのだが、そちらにおおくぼさんという方からこのようなコメントをいただいた。

現実を無視したトンデモ説としか思えません。


なぜトンデモ説なのか。

地表からは・・・・放射、顕熱、蒸発散
「それを全て赤外線として放射」するわけではない。

物質の熱の移動は、放射、熱伝導、対流で考えるのが熱学の基本。
地球は水の惑星なので、水を伝わって熱が移動することを無視してはいけない。

地表向けの赤外線で一番割合が大きいのは雲です。
雲を無視したモデルは、現実ではありません。

タグ 記事:モデルとは はてなブックマーク - モデルとは何か (6) 厚着モデル(下)
2010.06.30 Wed l 温暖化論概論 l COM(4) TB(0) | top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。